トップイメージ
自動車の見積額を可能な限り高くするのには、、中古車を売る時期タイミングというものも大事なポイントです。あなたの中古車を少しでも高額で乗り換えることを前提とすればいくつかの注意する点があるんです。中古車の売却額査定のポイントとして重視されるところに走行距離があります。走行距離というのはその車の消費期限と見られる場合もありますので、その車の走行距離が長いとそれだけ、買取査定には減点材料とされます。走行距離が1000キロと9万キロではご存知の通りで、自動車の売値相場は評価が異なるはずです。普通は走行距離というのは短いほうが自動車査定額は高くなりますが、実は突っ込んだ目安はないので、決められた線を引いて査定が行われます。例えば、普通車だと年間標準走行距離10000キロが基準としてこの走行距離以上だとたいていマイナス査定になります。軽自動車だと年間8000kmがまた年式が古い割に走っている距離が相当短い場合でも査定額が上がるというものでもありません。通常は年式・走行距離に関しての査定のポイントは保有年数にたいして適した走行距離になっているかというところです。自家用車もそうです。さらに車の初年度登録からの経過年数も中古車の売却額査定の大切な留意点です。きっちりとわかっているというかたが多数と考えていますが、普通は年式に関しては最近であるほど査定には有利なのですが、ごく稀にその年式の車に特別な価値があるものは、新しくない年式であっても高額で査定してもらえることもあるのです。それから、車検が挙げられます。ご存知のとおり、車検にはお金がかかりますから車検までの残り期間が大きいほど査定は上がると思う人が多いかもしれませんがそういったことはなく実際のところ車検時期がいつであろうと車の買取査定にはほとんど響くことはありません。日本の車、ローライダー傷がある車、等の自家用車のコンディションなども買取査定に影響してきます。車検に出す前は売却を検討するにはちょうど良いと考えることができます。反対に、見積額を吊り上げるために車検を受けてから買取査定を頼もうとするのはお金と手間がかかるだけで、あまり意味を持たないということになります。それから業者に査定対象車の依頼をして、売る時期としては2月と8月が有名です。というのも自動車買取業者の決算がその前の3月と9月というところが多いためです。そのため1月に売るよりはもうちょっと待って2月に買取査定を専門業者にしてもらって引き取ってもらうのも良いと思います。所有者都合もあるので、皆が皆そのような機会に売るなどというわけにもいかないでしょうけれども、可能であればそうした時期に手放すのが良い結果になりやすいと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rpaent.com All Rights Reserved.