トップイメージ
クレジットカードを店舗等において決済する場合みなさん感じたことがおありかと思うのだが店員がわからないことでどちらのレシートをお客さんへ対して渡せば良いのか迷うときがあるかと思います。といいますのも、カードを機械に通すとマシンからは3組綴りのレシートが出てくるからであり、この明細のどれをお客様へ渡したら良いかわからないということがあるのです。3枚1組の明細について》それではこの3枚の明細の説明はいかなるものかということの概要は、以下の記載の内容になります。1お客様へ保管して頂く使用レシート。2店舗控え明細レシート。3カード会社控え使用明細(署名を書く紙)。本来はもちろんカード利用者側へ保管してもらう明細をもらうはずなのですが、時として、店舗で保管する利用明細の方をお客様側へ勘違いして渡してしまった場合や記名された側の明細を渡してしまったケースすら見られます。このようなケースはバイトスタッフであるとかクレジットというものが利用されるケースの少ない店舗でクレジットカードを使用すると、こういったレジ担当者の焦りというものが見られるだろう(笑)。仮に店舗従業員が誤った方のレシートというものを渡そうとしてきた場面では、「これは違いますよ」と正してください。

リンク

Copyright © 1998 www.rpaent.com All Rights Reserved.