トップイメージ
現実にノートパソコンのディスプレイの前で、絶えず変動しているマーケットを見てしまうと直ちに注文をしなくてはいられないという欲求が生じる人も少なくありません。だが、はっきりしない思いで取引することは避ける必要があります。事実、マーケットは1日中、常時いずれかの国のマーケットが変化しているし、レートも常に、変動しています。しかし、立て続けに注文を積み重ねると、その回数分だけマイナスになる可能性が高くなります。言うまでもなく、売買の回数を積み重ねる事で次第に儲けられる確率が五分五分になるのは周知の通りです。けれどもその事は「はっきりしない思いつきで売買」してしまうこととは別の問題です。注文回数を積むというのはあなたが「ここはいける」と感じた確信を得たケースでの注文回数を積み重ねるという事を言っています。ただ、注文を積むのとはかなり違います。市場の勝負に勝つためには自分がメリハリをつけることが大事だ。「ここだ!」と考えた市場の時には、迷うことなく持っているポジションを買い増して積極的に儲けを狙います。「悩ましい外国為替相場でどう上下するのか考え付かないな」と思い至った時は潔く諦めてポジションをひとつも残さないで見切りをつけて放置します。これぐらいのメリハリをつける方が、トレードは儲けられます。市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。まったく言葉どおりです。相場とは常に売買ポジションを所有する事が大事ではなくどのポジションも持たずに静観していることも場合によっては、必要です。それでは、どういう場面で休めばよいのだろうか。第1に言われるのが前に述べたように、今の相場展開が理解できない時です。そこからどうなるのか明確でない時は何も考えず行動すると、考えた物語とは逆方向に市場が向ってしまい損する事になってしまいます。こうした時はポジションを閉じ見ているだけがいいだろう。次に、自分の体の状態が悪いときです。体の状態と外国為替相場に関係しないと思う投資家もいるだろうが。実際には考えている以上に影響します。体の調子が思わしくなければ、為替相場の大少なところで、正しい判断ができなくなります。やる気がわかない時はマーケットから目をそらす事も必要な事です。

リンク

Copyright © 1998 www.rpaent.com All Rights Reserved.