トップイメージ
使用レシートの保管義務はある。正解について先に申し上げると保管する必要は特段ない。個人によっては保持することが自分が利用した内容を持っていたいと考える場合は捨てなければよいことだろうし、逆に言うとそういった痕跡は必要ないと思うのであれば残しておく必要はないと思われます。だが来る利用明細書との確認の際には必ずそれらの利用レシートは必要となります。それまで所持していなければ、どの場所でいくら使用したのか?という内容が確かでなくなることだけでなく、間違えた請求の他二重請求に関する照らし合わせさえも不可能になってしまうのでリスキーです。特にクレジットを利用した額については利用レシートを保管していない限りは記憶できません。せめて明細書が送付されるくらいは、ちゃんと所持したい。カードのレシート処分手段●クレジットの利用レシート廃棄手段は至ってシンプルなのです。第三者に不正利用されないよう小さく裁断して捨てるだけで大丈夫。小さな裁断機などが自宅にあるならば念には念を入れて使うのもありでしょう。なにせクレジットの使用を証する利用レシートであるがゆえクレジットカードナンバーなど、個人情報の内容を判別されてしまうデータがとても多く記載されているのです。ゴミ同然の明細レシートとは思わず破棄は注意を払って行うべきでしょう。近頃は安全対策の意味でレシートにカード番号などの機密情報が表示されていない明細レシートも出てきているが信じ過ぎることは禁物です。

リンク

Copyright © 1998 www.rpaent.com All Rights Reserved.