トップイメージ

中古車の査定額を上乗せするには、、中古車を売る時期、タイミングなども影響があります。

あなたの中古車をできるだけ高く処分することを考慮すれば少なからず注意するべきポイントがあるんです。

車の売却額査定のポイントとして重要視されるところに走行距離があります。

走行距離というのは、自動車の消費期限と考えられるケースもありますので、その車の走行距離が長い分だけ、見積もりではマイナス材料になるでしょう。

走行距離が100キロと3万キロでは中古車の価格は評価が異なるはずです。

走行距離は短ければ短いだけ中古車の売却額は上がりますが実はそんなに突っ込んだ判断基準はないので決まった線を引いて査定されます。

例えば、普通車の場合年間1万kmで線を引いてこの線以上だと大抵マイナス査定の要因になるなどです。

軽自動車の場合、年間8000kmがまた年式が古いのに走っている距離が少ないとしても査定金額が高くなるとは限りません。

通常は年式と走行距離に関しての買取査定の要点は、年数にたいして程よい走行距離になっているかという点です。

愛車も例外ではありません。

次に自動車の年式なども、自動車買取査定の重要な要点です。

しっかりと理解しているんだといったかたもたくさんいると思いますが、年式に関しては最近であるほど査定では高評価が出やすいのですが、ごく稀にその年式に希少価値がある車種は昔の年式の場合でも高値で査定してもらえるケースがあります。

それから車検が挙げられます。

ご存知のとおり車検をするにはお金が掛かっている分車検時期までの残月数が残っているほど売却額は大きくなると思えると思いますがそれは誤りで実際のところ車検時期がいつであろうと自動車の売却額査定には全然相関性がありません。

海外の車、痛車傷がある車、という感じの中古車のコンディションや形式も査定に相関性してきます。

車検のタイミングは売る時期としては望ましいということです。

逆に、査定を上げるために車検を受けてから査定見積もりしてもらおうとするのはお金の無駄あまり評価されないということです。

他にも買取業者に愛車の査定を依頼し、売る時期として2月と8月が狙い目と言われている時期です。

というのも自動車買取業者の決算の時期が3月と9月というところが結構多いからです。

ですので例えば、1月に売るよりはもう少し待って2月に見積もりを専門業者にしてもらって手放すのも手です。

それぞれの都合もありますから、皆が皆こうした時期を狙って売却するというわけにもいかないかもしれませんが、可能であればこういった時期に売りに出すのが都合がいいかもしれません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rpaent.com All Rights Reserved.