トップイメージ

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨をトレードして収益を稼ぐ商品です。ケノン

売買の注文の値段は、変動しています。ローヤルゼリーもっちりジェル

それが為替相場です。iphone6s 予約 softbank

ニュースサイトを見ていると外貨の為替レートの話題が流れる時があります。毛周期のタイミングを見極めて医療脱毛

よく見かけるのが、「今日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。ピューレパール

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表しています。

すなわち、外為取引には買いと売りの値が存在するのです。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示している取引業者もあります。

普段は売値のほうが買値よりも低い値段になっています。

実際に買うときには高く、売るときには安くなるのが普通です。

この差額をスプレッドといい取引業者の稼ぎとされています。

スプレッドの狭さは会社によって変化します。

スプレッドの狭さは投資家にとって手数料になるので、狭いFX取引会社を選択するほうが得です。

ただ、同じ会社でも場面によってスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。

ドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの幅だったとしても、レートの変動がかなり激しい場合には1銭よりも大きくなったりするのです。

そのため、スプレッドが低いのと共に変化が少ないのが大切です。

この頃では固定したスプレッドの狭さを示す業者も多くあります。

実際に業者の売り買い画面の中で本当のレートを確認しなければ見分けられないので手間がかかりますがとても重要なことです。

重要な資金を賭けて売り買いをするわけですから実際の売買の前に、魅力的に思えた取引会社の新規口座開設を全部して表示されているスプレッドの狭さを確かめましょう。

同じ通貨でもその場面での相場のボラティリティによって、通貨ペアのスプレッドは異なります。

たいがい、インターバンク相場で売買高が多いペアではスプレッド幅が狭く別の外貨ではスプレッドの広さが拡大するのが普通です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.rpaent.com All Rights Reserved.